東北災害で大津波の犠牲になった大川小学生の訴訟で,学院側に

東北震災で大津波の犠牲になった大川小学生の裁判で,学院側に有罪判決がでました。教官に幼児を安全に避難やる義務があり,津波がくることを予断できたとのスタンスからでした。お互いに控訴をする見込みですが,とても耐え難いことだと思われます。まず,学院側に肯定的に考えると,津波がくるので幼児をもちましてとして逃げたなら任務犯罪と言えると思いますが,その時の気持ちは,一人ひとりの幼児のことを考え,特に裏山へ止める時代,さらに逃げた後の子ども達の条件等も真剣に考えたうえでの避難だったと思います。それなのに,罪人と言えるでしょうか。我々は,教官を責められないと思います。また,死者身近から考えると,取りあえず高台へ避難するのが当たり前だと考えられます。そこから,二後者避難をすれば良かったと考えることでしょう。パーソンが「もしもあの時代,・・・・」と考えると,各種着想ができるので,とても難しいです。死者の各所のご冥福をお祈りいたします。コエンザイムQ10の働きを持続させる「えごま油」配合しているサプリ